2005年11月の写真


アルバムへ

11月5日、6日の船底掃除&振動子取り付け写真

やっと船底掃除が出来る事に・・・・。11月の5,6でメンテを誌ながら船底掃除と、振動子の取り付けをする事になった。今年は思っていたより貝の付きが少なく、これなら早く終わりそうな気配。今回はうちの2人と番頭さん、恵子の4人でやる事になった。
この写真は振動子を取り付ける前のスタンの状態。思っていたほど貝は付いていない。シャフトと舵板に若干貝が付いているが、何時もの半分程度だ。
番頭さんが何時もやってくれる舵板磨き。何時もピカピカに磨いてくれる。結構神経が細やかな人なのだ。シャフトも綺麗に磨いてくれる。
今回取り付けた3キロの魚探の振動子。普段、持つにはそれ程重いとは感じなかったが、取り付けた後に上下すると、かなりの重さが感じられる。これを、海に浮いている時にやるとなると、結構しんどいものがありそうだ。若い衆にでもやってもらはないと無理かなと思う。(うちには若い衆がいなかったんだっけ)
振動子の全体写真。これを上げ下げする訳だ。でも、この先深い所の赤いお姫様に会える事を思えばほんの少しの苦労は我慢しなくっちゃね。
船底塗料も塗り終え、これで外側は何とか無事に終わる事が出来た。後は、エンジン周りと魚探、GPSのコードの取り付けやら、中の作業が待っている。それでも例年の3分の2の速さで今年は作業が終わりそうだ。
外も中も無事に終わる事が出来、後は海に浮かぶのを待つ愛艇。型は古いけど、何となく味のある船で、オイラとしては気に入っている。31フィートで重さが約8t近くあり、スピードは出ないが、波には強い。まるで、鳥羽一郎の兄弟船のような趣がある。最後に、今回も色々とお手伝いしてくれた番頭さん、恵子に感謝感謝!!
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO