2006年5月の写真


5月3日〜5日大島遠征の写真

5月3日、阿佐谷を6時に出るが、伊東の港に着いたのが何と昼の1時過ぎ、7時間もかかってしまった。例年の渋滞は覚悟してはいたものの・・・・。
2時過ぎに伊東の港を出たが、結局、波浮港に入ったのが4時30分を回っていた。3日は漁協の前の場所は大型のクルーザーに占められていて我々の停めるところがなかった。真喜丸艇も外に新しく出来た岸壁に船を止めていた。そして、うちの船も真喜丸さんに横抱きをさせてもらい、初日の夜を迎える事となった。

次の日は、釣りもそこそこにして早めに港に戻るが、何とか場所を確保したものの、後から60フィートのプレジャーが入ってくるということで、その場所も明け渡すかっこうのなってしまった。それでもその船に横抱きして5杯は何とか止める事が出来た。この写真はそのプレジャーが来る前の写真です。こうやって停められていたのに・・・・。夜は早めに自分の船に戻りお休みモードに入ってしまったが、他の仲間は例によって楽しい夜を堪能していたのだろう。

今回参加してくれたのは、ナマ幹事長艇、真喜丸さん、向日葵さん、わさびさん、そして駿洋さん。うちの船を入れて6杯の参加となった。他にも知り合いの船が何杯かいたが、それぞれのスパンでエンジョイしていたようだ。今回は風邪の治りかけと言う事もあってか、いまいち調子がよくなく、それでも4ヶ月振りに海に出ることが出来、非常に感激した。ヤッパリ海はいいね〜。今年も例のコロッケを食べ過ぎてしまった。

今回はジギング組にいい魚が掛かったようだが、うちのほうはイサキ、メジナをほんの少し分けてもらった。ナマちゃんが、8キロの真鯛をジギングで掛けたようで、それにしても凄い。他に、ヒラマサやカンパチも何本か分けてもらえたようで、良かった。わさびさんのところは、例によってテンヤ仕掛けの釣りで、それでも、カンパチ、ウスバハギなどを海から分けてもらったようだ。向日葵さんのところは、話が込み入っているのであえてここには書かないが、それにしても楽しいご夫婦ではある。

4日は、釣りも早めに終わったという事で、家のキャプテンや、伊佐さんたちと、ニョロッチは党内観光に出かけたようだ。島の半分を回ってきたようで、リス園なんかも見てきたようだ。
今回、真喜丸さんにトラブルが発生し、心配していたのだが、何とか事なきを得たようだ。おいらなんかは機械や電気関係はとんと苦手なんで、トラブル発生なんてことになったらお手上げ状態。

何時ものことながら、5月は必ず吹かれる。5日に釣りをしながら帰ろうと思っていたのだが、兄はからんや、この日は、朝から風が強く、早めに島を後にしないととんでもない事になりそう。天気予報もよくなく、朝の6時に波浮港を後にする。帰りは、風裏の岡田側を回って帰るも、本船航路に差し掛かると横波の大きいのが押し寄せて着ている。途中1回だけ叩きつけられるような振動を受けるが、その後は何とか無事に抜けることができた。9時前には伊東港に着き、早々に車上の人となる。

今回、スマイル艇と向日葵艇は、6日の帰りとなり、
心配をしていたのだが、2艇とも無事に帰ってくることができたようだ。後は7月、8月にある遠征で合う事が出来ればいいと思う。7月は駿河湾からもネプ艇も参加をするようだし、楽しみだ。
今回参加の伊佐さんたちや、ニョロッチは、釣りがあまり出来なかったが、たのしんでもらえたのだろうか。次回参加してくれれば、もう少し釣りも出来るではないだろうか。

この写真は4日の昼間のもので、みんな好い顔して
写っている。しかし、オイラの写真が無いのは何故だろう。それは、イサキを1匹釣り上げてニョロッチにバトンタッチしてしまったからなのだ。そして、お休みモード突入していたので当然のことながら写真には写っていません。

天気はよく、海は穏やか。そして素晴らしい仲間が沢山集い、何日間かを共有する。釣りもそこそこ、酒もそこそこ。そして沢山のいい思い出が作れることが好いのではないだろうか。
7月に参加を表明している方。港は込み合う事が予想されますので、ご協力のほど宜しくお願いします。

アルバムへ

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO