2007年2月の写真


アルバムへ

2月12日、久しぶりの釣行。狙いは、オニカサゴとアマダイ狙い。今回参加したのは、うちら2人と福島さん、西方さんの4人。今回は以前船を置いていた真鶴をフィールドに選んだ。オニカサゴ、アマダイ等昔よく狙っていたポイント。風も無く2月とは思えない陽気のナカ一路真鶴をめざす。ポイントに着き、早速仕掛けの投入。待つこと数分、当たりは無し。小さな当たりはあるものの、あのオニカサゴ独特のサお先を叩くような当たりはない。走行しているうちに、ノドクロの小さいのが掛かる。水深は90メートル。他の人の竿にも当たりは無く、ポイントを変えながら攻めてみたが、結局、ユメカサゴ、ノドクロ、そして名前の分からない赤い魚のみ。
今回は深いところの釣りはやらず、オニカサゴとアマダイと決めた都合上、何とか1匹でもゲットできればと思っていたが、結果は散々だった。次回の釣行に期待を繋ぐしかない。

今回参加の福嶋さんが、アマダイのポイントに移って、まずまずのアマダイをゲッットした。大きさは48センチ、このクラスだと昆布締め、ソテー、そして頭を使った潮汁など色々と楽しめる。オイラの竿には最後までアマダイのあたりは来なかった。他のトラギスやら、訳の分からないのがポツポツ掛かって来るだけだったが、まあ海に出られただけでもいいやと一人自分に言い聞かせている。
前回の釣行でワラサを2本ゲットした、西方さんが今回は絶不調で、前回のような笑顔が無かったのが心残りだ。次回に再度挑戦してもらうつもりだ。
海の上から陸地を眺めれば道路は帰りの車で渋滞、この道をこちらも帰るのかと思うとぞっとする。

今回、オイ太に載せるアマダイ、このクラスなら堂々と載せる事が出来ると思う。もう少し浅いところで白アマダイでも狙えばよかったかもしれないが、またこの白アマダイと言うのがなかなか出ない。釣れれば非常に旨く、しかも、普通のアマダイより高価な魚なのだが、今までに何匹釣ったのだろう・・。
兎に角、色々な魚にトライして見るのも釣りをやる人にとっては夢がたくさん持てていいことなのかも知れない。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO