天気:快晴 ポイント:初島、網代沖 潮:大潮
釣航日11月3日(日)
9月から荒天の影響や用事等でまったく出船出来ず、今回11月3日は1ヵ月半振り(もっとかな?)の出船になる。インターネットで知り合った、たーたんこと瀧石さんとユキさん、FISHING HOTLINE(カミサンが釣後記を書いている雑誌)の読者で、最近船舶免許を取り、インフレータブルボートを購入したばかりの日野さんと、マイボートで、大島まで行く予定を立てた。しかし、この日も予報は最悪。伊豆諸島は強風波浪注意報が出ている。皆とは、早朝待ち合わせて伊東港へ行く。思いのほか風は弱く、これなら出船は可能。大島の風は16mとの事で、先ずは初島に行く。ここではほとんど釣果なし。ユキさんが、べらやフグに悩まされ、日野さんはスズメダイの仲間を釣る。たーたんは釣果0。
風裏に逃げるが、だんだん風が強くなり、網代沖に場所を変えアマダイを狙う。岸近くなのに、初島より風が強い。吹き降ろしでぶん吹きのなか、補期と主機を駆使し、やっと糸が真っ直ぐになる。たーたんにアタりがあり、本命のいアマダイをゲット。それも39pのいい型だ。その後は風が一段と強くなり、とてもじゃないが、釣りにならない。諦めて私(ひげおやじ)の操船で港に戻るが、旋回窓も役に立たないくらい凄いしぶきで、前が何にも見えない。
濡れるの覚悟で、カミサンがFBに行き操船交代。やっと港に着いた。やれやれ!
下記は3日の写真です。写真をクリックすると大きくなります。
釣戦記

2002年後期の釣果




釣航日:12月15日(日)
この日は久々のベタ凪。前日の仕事の都合と誰かさんの遅刻のおかげで、出船がかなり遅れ、09:00出航、大島を考えていたものの、これでは時間がない。そんなわけで、真鶴沖のキンメポイントへ行く。ここでは私にヒメが2尾釣れたのみ。今度はオニカサゴを狙い場所を移動。三ッ石周りの中深場を狙ったが、チビのノドクロ1尾(リリース)とここでもペケ。一人参加の沖津先生は、ゲロー長への道をひたすら突き進んでいて釣りどころではない(笑)。網代沖へ戻り、私がお休みモードに入っていると、復活した沖津先生が、38pと29pのアラ(コアラ)2尾と、シロムツ1尾を釣り上げる。
天気:晴れ     /     ポイント:真鶴沖、網代沖         /       潮:中潮
天候:曇り ポイント:宇佐美、伊東 潮:中潮  
釣航日11月17日(日)
「あ〜ぁ、また風かよ」前日の予報はかなり悪い。しかし、先週のように予報が当らないことも希のある。それを期待して一応港まで行くことにする。以前にやはり強風の為、港まで行って出航を断念した時と同じゲストの、福嶋さんと風男?の日野さんがこの日も参加。港に着き、風、波の様子を見る。何とか出られそうだと判断。風は多少強いが、走るのには無問題(モウマンタイ)!。まずは宇佐美で、補機と、主機を駆使し、何とか船を止め、ホウボウ(福嶋さん)、良型のカワハギ(日野さん)等を釣る。伊東港沖に移動し、前回と同じ、中サバ、カイワリを釣る。12:00もう限界。風がどんどん強くなり、波もかなり打ち込むようになって来た。「撤収〜っ」、早上がりを決め、港に着き一休み。カミサンと私は、近くの風呂屋で、潮を流し帰路に付く。
※伊東港前の「あらいの湯」、なんと入浴料¥200と格安なのだ。ただし、要お風呂セットです。
天候:晴れ ポイント:宇佐美、伊東 潮:中潮
釣航日:11月10日(日)
この日は予報に反して海はベタ凪。出航09:00、出航が遅かったので、近くのポイントへ・・。
まず、宇佐美沖で、アジを狙う。金アジ交じりで30匹ほど釣れ、カワハギ(27cm筆頭に4匹)も混じる。次は、アマダイを狙い、初めてのポイントへ行くが、アマダイにはそっぽを向かれる。私(ひげおやじ)がお休みモードに入っている時、伊東港の50m立ちで、番頭さんとカミサンでカイワリ、サバを釣る。カミサンが、30pのカイワリをゲットする(ショットガン)。 久々の大漁だ〜!

この日のメンバー:番頭さん(クロちゃん)、カミサン、私の3名。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO